イベント情報 お問い合わせ 資料請求
宇都宮市の注文住宅|断熱性能・気密性能とは

より快適な家に住みたいと思う場合、家づくりをするにあたって重要になってくるのが、家の性能である断熱性能と気密性能です。

近年の日本では、夏は毎年のように最高気温が更新され続けており、熱中症の危険を避けるためにも冷房は必須です。
冬も極端に寒い日が増え、暖房で家を温めることも必須になりました。

私たちが快適に過ごすためには、夏涼しく、冬暖かい家であることが大切です。

エアコンで快適な温度を逃がさないためにも、住宅を建てる際の断熱性能や気密性能ついて、また断熱性能、気密性能を測る基準などご説明します。

断熱とは?

断熱とは、家の中の温度を外に伝わりにくいようにすることです。熱は暖かい場所から冷たい場所へ動くという性質があるため、夏場に外気が中に入り込みやすくなることや、冬場に内気が外へ出て行ってしまうことがあります。

ですから、エアコンで快適な温度を保とうとするのであれば、空気の出入りが少ない家に住むことが必要ですよね。

そこで、家を建てるときには、断熱性能の高い家の需要が高まっています。
断熱性能を図る数値は、「U値」と「UA値」です。

U値(熱貫流率) UA値(外皮平均熱貫流率)
家全体の熱がどれだけ出入りしやすいかを表したもの 熱の伝えやすさを示す数値。面積1㎡あたり1秒間に伝わる熱量で家の中の空気が壁や窓から外にどれくらい逃げるのかを表したもの

U値とUA値は、以下の計算式で求められます。

U値= 対象となる材料の厚さ÷材料の熱伝導率

UA値=熱損失量(外皮部分からどれだけ内気が逃げるか)÷外皮面積(家の外部に触れている部分の総面積)

U値とUA値の数値が低いほど、家の断熱性能は高いと言えます。

断熱性能とは

家は、家の外側に断熱材を入れることで、外気の暑さや寒さから守られています。
断熱材においては、分厚ければ良いというものでもなく、断熱性能が高い断熱材であれば、薄い断熱材で断熱性能を高めることが可能です。

また、断熱性能を高めるために重要なのは、家の窓です。
窓の断熱性能は、通常の壁よりはるかに低いため、家の中の空気は窓からかなり出て行ってしまいます。

ですから、より断熱性能の高いサッシやガラスを使用している窓を設置することや、窓の配置を考えることで、家の断熱性能は大きく高めることが可能になります。

気密性とは?

気密性とは、住宅の隙間を減らしていくことです。気密性能が高い家は、部屋の外と内で隙間が生じないように高品質の建築材料を使用したり、気密シートなどを用いて隙間が出ないようにしたりと、丁寧に施工されていきます。

そのため、気密性能を高めるためには、コストと手間がかかってしまうのですが、完成後に家で暮らす際の快適度合いが全く違うことから、気密性能が良い家を求める人が増えているのです。

気密を表す数値「隙間相当面積C(シー)値」

気密性を表す数値として、C(シー)値という値があり、このC値は建物の床面積1㎡あたりの隙間面積を表します。

C(シー)値=家全体の隙間面積÷床面積

このC値が小さければ小さいほど、気密性は高くなっていきます。
もちろん隙間が少ない方が、気密性は高くなりますが、換気も必要になってきます。

気密性能が高い家の特徴

室内の空気が外へ逃げないため、エアコンで整えた快適な温度が持続する

気密性能が高いということは、外気の影響を受けにくくなるため、冬は暖かく夏は涼しく過ごすことができます。

断熱性能を高めることができる

機密性能が高い家は、家の断熱効果も高めます。
家に施されている断熱材はグラスウールなど綿状でできていることから、隙間風の影響を受けてしまいます。
機密性能が高い家は隙間ができにくいため、家の断熱性能を高める効果もあるのです。

壁の中の結露を防ぐ

天候や外気温によって、家の中は湿気が発生しがちです。
その際、家の外壁や床面に隙間があると、隙間から湿気が壁の中などに入り込んでしまうので、壁の中に結露ができてしまいます。

壁の中は普段目に見えないため知らず知らずのうちに水がたまり、家の内部が水気でカビが生えてしまうという可能性もあります。
ですから、隙間をできるだけ減らし、家の気密性能を高める事が重要なのです。

まとめ

家づくりをするときに重要ポイントになる断熱性能・機密性能についてご紹介しました。
家づくりをするときは、間取りなどを決めることと同様に、家の性能についてもきちんと考える必要があります。

断熱性能や機密性能が悪い家に住むと、夏暑くて冬寒いという暮らしになってしまい、ストレスになるでしょう。
せっかく家を建てるのであれば、家族みんなが暮らしやすい家にしたい、そのためにも断熱性能・機密性能についてしっかり把握しておきましょう。

また、断熱性能・機密性能が高い家に住む際も、換気は必須です。
24時間換気システムを取り入れるなど、換気を効率よくできる方法を取り入れながら、断熱性能や機密性能を高めた家づくりを検討すると良いでしょう。

数量限定 「NEXT HAUSの家づくり」

カタログセットをプレゼント

申し込む

お問い合わせ

家づくりのご相談はこちら。
お気軽にお問い合わせください。