イベント情報 お問い合わせ 資料請求
宇都宮市の注文住宅・建売住宅・分譲住宅

マイホームを購入することになった場合、注文住宅にするか、それとも建売住宅や分譲住宅にするかで迷う人も多いでしょう。
そこで、注文住宅・建売住宅・分譲住宅のそれぞれの特徴や、メリットとデメリットをご説明します。

注文住宅とは

注文住宅とは、建築家や設計事務所、ハウスメーカーに設計を依頼して一から住宅を建てていく住宅です。

設計の段階から細かい打ち合わせを重ねて、家の材質、間取りや設備、デザインなどライフスタイルに沿って家を設計することができます。
家を建てるための土地を持っていない人は土地探しからすることになるため、予算や敷地面積に応じて限りなく理想に近い家を作ることが可能です。

注文住宅の建築方法としては、主に以下の方法があります。

  1. 建築事務所に設計と施工管理を依頼して、工務店に施工を依頼する
  2. ハウスメーカーや工務店に、設計と施工を依頼する

土地を持っている場合はすぐに設計に入ることができますが、土地を持っていない場合は土地探しから家づくりが始まります。
建てたい家をイメージしながら、土地探しの段階から建築家やハウスメーカー、工務店に相談することが可能です。

建築事務所に依頼する場合は、土地の状態や法律規制などの条件範囲内であればかなり自由に設計できます。
ハウスメーカーに依頼した場合は、規格化され制約がある可能性もあります。

自分好みの住宅を建てているお気に入りの建築家がいる場合は、建築家から建築事務所を選ぶこともできます。

注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、かなり自由度が高く理想の家を建てることができるということでしょう。
間取りや外観はもちろん、壁の材質や内装・壁紙、ドアや水道の蛇口など細かなポイントまで、自分の好みのものを選ぶことができます。

理想の住宅を建てるうえで、予算的にオーバーしていたとしても、材質を変更するなどの対応をしてもらうことで、コストを抑えつつ理想のスタイルに近い形に近づけることも可能です。

注文住宅のデメリット

注文住宅のデメリットは、建売住宅や分譲住宅と違って、多くの期間を必要とする点です。
土地探しや設計の段階から完成までは1年を超えてしまうこともあります。

また、注文住宅は費用が高くなってしまうこともあります。
建築前に予算を決めていても、家づくりの過程でより理想を追求していきたくなると、設備の追加や変更をすることによって当初の予算を大幅にオーバーしてしまうこともあるかもしれません。

建売住宅とは

建売住宅とは、すでに建築されて売値がついている新築住宅のことです。
完成した家を目で見て確認して買うことが可能です。

また、すでに完成した家を買うだけでなく、設計プランを公表した段階で、建築途中に販売し、家の完成と同時に引越しをするというケースもあります。
建売住宅の多くは、エリアをいくつかの区画に分けて、同じようなタイプの住宅を複数建てて販売されています。

完成した建売住宅を購入する場合は、検討段階で住宅内に入って実際に家族の目で見て間取りや動線を確認することができます。
そのため、それぞれのライフスタイルに応じた部屋数や収納スペースなどを吟味して購入。

一般的な建売住宅は、売主業者が土地を決めて建築しているので、土地と家を一緒に購入することになります。
そのため、生活環境や住みたいエリアで家を決めることも可能です。

建売住宅は、すでに完成している家を購入するので、土地探しや設計、工務店とのやりとりなど、マイホーム取得にかかる手間を大幅に省くことができ。

建売住宅のメリット

建売住宅のメリットは、注文住宅に比べると家を取得するための費用が比較的安めということがあります。
建売住宅は、住宅自体の間取りや設備などが最初から決まっているため、複数の家の設備をまとめて仕入れることから、材料の単価が下がり販売価格を抑えることが可能です。
また、建売住宅は販売価格がはっきり決まっているので、家の購入予算からじっくり計画を立てていくことも可能です。

建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットは、実際に住んだ際に不便さを感じる可能性があるということです。
たとえ購入前に現物の家を見ていても、いざ引越してみると自分の持っている家具が収まらない、コンセントが使いづらい位置に設置されているなど、生活し始めるといろいろな不具合に気づくこともあります。

また、建売住宅はいくつかのパターンで建てられているため、個性的な家やデザイン性のある住宅に住みたい人にとっては満足いかない場合もあるかもしれません。

分譲住宅とは

分譲住宅とは、分割譲渡住宅のことで、まとまったエリアを分割して販売される住宅のことです。

意味合いとしては建売住宅とも似ていますが、住宅を販売する際に、まとめて何軒かの完成済み住宅が販売される場合は「分譲住宅」として、一軒ずつ売り出す場合は「建売住宅」として販売されることが多いです。

土地を開発して新たに切り開かれたニュータウンなどの建売住宅は、分譲住宅として販売されることも多く、同じようなデザインや間取りの住宅が並んでいることが多いです。
また、大型の分譲住宅になると、市街地から離れたエリアに開発されることも多く、移動に不便だと思う人もいるでしょう。

しかし、住宅近辺に新しいお店や病院が建設されることもあるため、利便性についてはよく調べておくことが必要です。

まとめ

注文住宅・建売住宅・分譲住宅の特徴と、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。
家づくりをする際は、ご自身とご家族ライフスタイルや家に求める価値観を考慮し、どのタイプの建築方法が向いているのかをじっくり考えながら選択していくようにしましょう。

栃木県宇都宮市で平屋を建てるならNEXT HAUS DESIGNに資料請求

栃木県宇都宮市でスキップフロアの家を建てるならNEXT HAUS DESIGNの資料
数量限定 「NEXT HAUSの家づくり」

カタログセットをプレゼント

申し込む

お問い合わせ

家づくりのご相談はこちら。
お気軽にお問い合わせください。