ページトップへ

ブログ

近畿大学の岩前篤教授によりますと、
一年の中で、最も死亡率が高い季節は冬で(病気、事故とも)
その対策は、冬場の居住空間の温度を上げることしかないそうです。

とは言っても、24時間暖房を付けっぱなしには出来ないので
暖かく過ごせる工夫をご紹介したいと思います。

今日のネタはウチコトから
「効率よく部屋を暖めよう!」暖房効率を上げる工夫7つ

上の写真は、ダイキンのエアコンUXシリーズ
去年自宅のエアコン入れ替えの時に、採用を検討しましたが、
高かったのと、発売時期が先だったのと、その他もろもろの理由で諦めました。。。

暖房効率を上げる七つの工夫とは、

1.カーテンを厚手に、丈を長く
2.窓に断熱の工夫を
3.床にも断熱の工夫を
4.暖める空間を狭くする
5.エアコンの風向きを下向きに
6.部屋の空気をかき混ぜる
7.エアコンのフィルターを掃除する

カーテンの交換以外は、
どれも手軽に手を付けられますね。
あと、最近は床暖房を採用するケースがほとんどないんですけど、
床暖房を使っている時は、
カーペットやラグは敷かないほうがいいというのは勉強になりました。

これから家を建てる方にとっては、
断熱性能が高い家を建てることが一番の対策ですけどね。
デザインの好みは人それぞれですけど、
みんな等しく暖かい家がいい!って思いますよねぇ〜。

記事一覧 | 建築ネタ